現在表示しているページ
HOME >冷凍庫にドライアイスを入れたい

冷凍庫が壊れた・点検、停電でしばらく使えない

夏になりいろんな飲食店様からドライアイスの注文が入るようになりました。
やっぱり夏は業務用冷凍庫は壊れやすかったり、点検だったりでドライアイスを使う機械は ふえますね。

さて、そこで最近多いのが、「なんか冷えが悪い」 「どうやって使うの?」という問い合わせ。

今回は業務用冷凍庫でのドライアイスの基本的な使い方をご説明します。

まず、弊社のドライアイスは茶色の専用の包装紙にくるんで配達してるんですが それを取って中を出しましょう。

つづいてドライアイスの特性として冷気は高いところから低いところへと流れます。
そして、氷のように接触したものを凍らすというよりは冷気で空間全体の温度を下げていきます。

よって、冷凍庫の中はたいてい食品等が、たなにおかれて並んでるとおもいますが、基本冷やしたいもの より少し高めに置いて、そして食品には直接くっつけずに置いていきます。ドライアイスの匂いというか食品にうっつてしまいますので。間にビニールや紙みたいなものがはさんであれば、まあOKですが。

ただ広くて大きい業務用冷凍庫の場合は、各棚にまんべんなく置いていただくのがいいと思います。

どちらにしても最初の問い合わせのときに状況をお聞きしてその都度、必要数量、置き方などは ご相談にのらせていただきます。ご安心してお問い合わせ下さい。

では、また次回。

※今回のドライアイスの置き方は基本的なものでお客様それぞれの状況によって異なりますので  一度、ご相談ください。

このページの先頭へ戻る